人気ブログランキング |

アジアンテイストを取り入れて私流の生活を楽しみましょう。


by twister203
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

話題の時代劇「風の国」見終わりました^^

e0084071_2219053.jpg 「朱蒙」のソン・イルグクがその孫である「大武神王ムヒュル」の役を演じたことで話題になった「風の国」、感動的でしたね♪
スケールの大きさでは「朱蒙」に及ばない気がしますが、人間の心の微妙な部分が美しく表現されていたように感じました。テーマソングをはじめバックミュージックも素晴しかったですね001.gif


 呪われた運命を背負った主人公ムヒュルが(占いでスタートするところが韓国ドラマらしいですね006.gif)、それに打ち勝って強い王として生きる姿、愛する人を次々と失って悲しみを背負いながら生きる姿、両方が描かれているところがドラマの醍醐味016.gif ではないでしょうか。

ハイライトシーン





e0084071_23304530.jpg ドラマの見どころは成功につれて多くの人を得ていくヒーロー「朱蒙」とは反対に、成功とともに多くの人を失っていく孤高の王「ムヒュル」の間極のキャラクターとのことでしたが、最後のほうはどうしても朱蒙と重なって見えてしまうのは私だけでしょうか?039.gif






e0084071_23314912.jpg 「孤高のヒーロー」という点ではムヒュルのライバルで扶余の王子「トジン」のほうがまさしくぴったりだったと思います。 
 国も愛する女性もムヒュルに奪われて最後は自ら命を絶つ影のある王子を見事に演じたパク・コニョンのファンになった方も多いようですね。
 


パク・ コニョンインタビュー
  


 韓国古代ドラマを見ていていつも感心するのは、歴史的資料が少なく明白でない部分が多いことを上手く活かしているということ。史実がわからないだけに作り話もしやすいし架空の人物を出して、よりドラマティックで感動的な内容に仕上げているように思います。 日本も神話や卑弥呼などを上手に脚色して面白いドラマを作ればよいのにナーなんて思っています043.gif
 


 
by twister203 | 2010-01-09 22:08 | 韓国ドラマ