アジアンテイストを取り入れて私流の生活を楽しみましょう。


by twister203
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 今月のレディースサロンの日でした。
e0084071_21412981.jpgテーマ:オールド上海(老上海)
―上海の華麗なる時代―
場所:華匯苑(KAKAEN)
参加人数 : 6人









 今回は上海女性がオーナーのお店での開催でした。今回の企画の内容をお話しするとテーマに相応しいゴージャスな個室を用意してくださいました。
e0084071_21445988.jpg

 素敵なテーブルセッティング♪
e0084071_21593594.jpg


 オールド上海文化に濃い影響を与えたフランス文化を意識してフレンチシノワスタイルのメニューを作ってみました。皆様には大好評でしたよ♪
e0084071_21485248.jpg
梅結びをあしらって
e0084071_21491122.jpg


 料理もテーマに合わせた特別メニューでした。

高度な技術を要する”むきエビの炒め物”
e0084071_21533097.jpg
 
典型的な上海の味”スペアリブの甘酢風味”
e0084071_21543739.jpg

もともと庶民の家庭料理にくらげを入れて高級感を出した”くらげと豚肉の卵とじ”
e0084071_2156671.jpg


 所々で上海の歴史や文化の説明を入れながら、皆様には料理とともに十分に上海文化をご堪能頂きました。オーナーによる上海人の特徴の紹介も皆様には新鮮であったようです。

 上海及びクラシック洋館を紹介した資料
e0084071_2235864.jpg

 文化情報
 
e0084071_2241624.jpg


 話題もオールド上海に大きな影響を与えたフランス・英国文化から、女性の日常問題まで尽きることなく、充実したひと時でした。

 今回は企画の段階からご協力頂いたオーナーのL女士に深く感謝申し上げます。これからも楽しいイベントを開催しましょうね♪

[PR]
by twister203 | 2009-06-28 16:44 | イベント会記
e0084071_1551012.jpg リーガロイヤルホテルのロイヤルスイートルームで開催された「プリンセスシリーズ ポンパドウール夫人」に参加してきました。
 「何故アジア文化の仕事をしている人間が、フランス文化?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、当アジアン工房のLadies Salonをより充実させる為に他の先生の主催されるサロンを勉強したかったことと、週末の当Salonのテーマが「オールド上海」なので、大きな影響を与えたフランス文化のことを知っておくのもご出席の皆様に面白い話題を提供できると思ったからです。
 普段は一般客が入ることが出来ない「ロイヤルスイートルーム」を見てみたいというおのぼりさんもあったのですがね^^♪

 さすがは世界中のロイヤルファミリーやVIPだけが宿泊出来るお部屋とあって、重厚なインテリアです。
e0084071_155271.jpg

 所々にアジアンスタイルのものが飾られています。東西文化を上手くコーディネートしているところはさすがリーガロイヤルホテルですね。
e0084071_15523275.jpg


 講師は「ダイグアカデミー」の校長である加藤淳子先生。すらりとした長身の美しい女性でした。
e0084071_1553348.jpg

 ヨーロッパの歴史的背景からフランス宮中事情、文化史の変遷など、スライドを使用したセミナーは充実した内容でした。
 今回のテーマ「ポンパドウール夫人」について私は、ルイ15世の愛妾であること、ロココ文化の女王であり、あのセーブル磁器工房のスポンサーであったことくらいは知っていたのですが、政治的な権力者であったことは初めて知りました。
 生まれついての美貌や賢さもあったのですが、血の滲むような努力と、大きな野心の末に入れた絶大な権力。しかし権謀術数の宮中での戦いに疲れ果てたのか、42歳という若さで逝去。まさしくフランス版の大奥のようなお話しでしたね。

 セミナーの資料とお土産
e0084071_15542146.jpg
 
 とても勉強になりましたが、さて!この内容を次回サロンにどう活かすか、頭を痛めているところです ^^;
e0084071_15543538.jpg



 

 
  
[PR]
by twister203 | 2009-06-26 07:56 | 東アジアン日記
 e0084071_23245838.jpg レンタルDVDで最近見終わった韓国ドラマ「王の女」 秀吉の朝鮮出兵、北では満州族の巨大化など、17世紀初頭の激動の朝鮮時代が舞台なのですが、朝鮮第15代国王「光海君」と宮女の純愛を描いたストーリーで、史実とは異なった部分もかなり多いそうですが、歴史ドラマとしてもラブロマンスともしても楽しめる内容でした。
 韓国版大奥と言われるだけあってドロドロの権力闘争もあるのですが、どこか清々しさを感じるのは朝鮮全土を震え上がらせた悪女「金尚宮」の全ては王への純愛として描かれているからかもしれません。
 光海君はチャングムに出てくる王様「中宗」の曾孫にあたる人で、結局はクーデターで廃位されてしまい、後世の歴史的評価では破倫王とされることが多いそうですが、朝鮮通信使による日本との国交回復や、中国北方民族や明帝国とのバランスの取れた外交手腕など、改革君主としての評価もあるそうです。
 韓国で放映された時には、同時間の裏番組が大ヒットドラマ「チャングムの誓い」だった為に、視聴率が伸びずに、途中で内容短縮されてしまったそうです。まだご覧になっていない方は一度是非!!



[PR]
by twister203 | 2009-06-22 13:20 | 韓国ドラマ
 一昨日まで東京出張をしていました。宿泊したホテルの近くだったので、「三井記念美術館」に行ってきました。
e0084071_22211336.jpg

 さすがは旧三井財閥のコレクションとあって、素晴らしい名品の数々でした。当blogでも取り上げた日本経済新聞で紹介された銘碗も何点か出展されていて、見ごたえのある展覧会でした。

[PR]
by twister203 | 2009-06-19 23:06 | アジア文化紹介
 最近、話題に使わせていただいていた日本経済新聞のこの記事も本日で最終のようです。遠州流宗家の選択とあって、 国宝級のお茶碗ばかりでした。
 一時期、お茶道具を鑑賞しに、あちらこちらの美術展に行っていたので、沢山の名碗を見たつもりですが、まだこんな素晴らしいお茶碗があったのだと実感しました。
e0084071_2332141.jpg

 写真の右側の4点が鑑賞したもの、左側の6点がまだ見たことがないものですが、未鑑賞のもののほうが多いですね。
 この記事は切り抜いて、今後鑑賞する時の手引きにしたいと思います♪

[PR]
by twister203 | 2009-06-09 08:39 | アジア文化紹介
 先週の「フローラズール インターナショナル親睦会」の定例会へもご出席頂き、最近知り合った韓国関連のお仕事をされている方主催のイベント紹介です。

e0084071_10415750.jpg株式会社ピースブリッジ主催
タイトル:「雅と美味の韓国」
講師:「韓国観光名誉広報大使」アン・ミカ AHN MIKA 
日時:2009年7月25日(土)
午後3時30開場 午後4時開演 約1時間20分
場所:班家食工房(大阪コリアンタウン内)
参加費:1,000円(税込み)ドリンク付(韓国伝統茶)

詳細はこちらをご覧下さいませ
       ↓
第6回ピースブリッジ塾

 私も出張と重ならなければ、参加予定です♪




  
[PR]
by twister203 | 2009-06-08 10:23 | 東アジアン日記
 昨日のイベント用に「ブラジル」をイメージして作ったイヤリングです。
e0084071_2322452.jpg

e0084071_2323154.gifブラジルの国旗の色であり、
太陽と緑の象徴である、黄色と緑のビーズにブラジルを代表する天然石「アメジスト」をあわせてみました。


 ちなみに韓国もアメジスト産出国として有名ですね。このイヤリングを韓流スタイルにも出来るかな??
 

 
[PR]
by twister203 | 2009-06-07 13:40 | ハンドメイドの紹介
 今月は日本から最も遠い国「ブラジル」。海外最大の日系人がいるこの国は実は身近な存在。今回はブラジル専門商社さんとのコラボで開催しました。
 関連記事
   ↓
定例親睦会 ―Brazil♪ 一番遠くて最も身近な国―
e0084071_1364853.jpg


 今までは自分ひとりで全て行っていたのですが、今回は多くの方々のご助力を頂きました。本当にありがとうございました。

 
  
[PR]
by twister203 | 2009-06-06 22:50 | イベント会記
 先日の韓国の方の歓迎パーティーに出席の方のために作ったイヤリングです。
e0084071_1016491.jpg


 「朱蒙(チュモン)」や「ソドンヨ」に見られるきらびやかなアクセサリーからヒントを得たのですが、史実では古代や三国時代にはこんな華やかな物はなかったそうですが・・・

[PR]
by twister203 | 2009-06-05 10:12 | ハンドメイドの紹介
 昨日の韓国の方とのパーティーで着た訪問着です。
e0084071_1235010.jpg

 石川県の伝統織物「牛首紬」の単衣ですが、薄い生地なので6月~9月まで長い間着る事が出来る着物です。
 目を閉じると着物を着ていないのではないかと心配になるくらい軽いのですが、釘を抜けるほど丈夫だから、別名「釘抜紬(くぎぬきつむぎ)」と言われているとのこと。

 帯は祖母のお古で70年前の絽の袋帯です。
e0084071_124611.jpg

 この訪問着と合わせるのは初めてですが、古びた感じがせず、爽やかなコーディネートになったと思います。「着物100年、3代」と言われますが、素晴らしい文化ですね。

 お茶のお稽古を離れて、着物を着る機会が減ってしまいましたが、今後も機会あれば着るようにしたいと思います。

e0084071_1242439.jpg


 
[PR]
by twister203 | 2009-06-05 00:14 | アジア文化紹介