アジアンテイストを取り入れて私流の生活を楽しみましょう。


by twister203
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 久々のLadies Salonの日でした。

e0084071_1643565.jpg
テーマ:春づくし ―春の名残を楽しみましょう―
場所 :日本料理「桂」大阪マルビル店







 ゴールデンウィークの初日ということもあり、少人数での開催でしたが、お互い交流が蜜になって充実したひと時でした。今回は和食のお店だったので、着物を着てみました。

 竹籠に春らしさが盛られたお膳。目で春の名残を感じました。
e0084071_16461341.jpg




e0084071_16472173.jpg 先月末のマカオ旅行のアルバムをお見せしながら、この町の魅力についてお話させていただきました。皆様には観光パンフレットと名物のアーモンドクッキーをお持ち帰り頂きました。



















e0084071_1648165.jpg お土産には春らしくピンクの「カンパニュラ」をお持ち帰り頂きました。




















 「アジアン工房」お薦め文化情報
e0084071_16482320.jpg



 お互いに初対面の方もいらしたのですが、話題も尽きることなく、時間が過ぎるのを忘れるほど楽しい春の午後でした。

[PR]
by twister203 | 2009-04-29 15:38 | イベント会記
 「大阪ソウル会創立8周年記念講演会&祝賀パーティー」に行ってきました。

e0084071_1185682.jpg今回の講演が東洋陶磁美術館名誉館長の伊藤郁太郎氏ということで、中国語のレッスンをさぼって参加してしまいました。何と言ってもコレクターとして有名な故安宅英一氏の教えを直接受けた方ですから・・・ 
 雨で電車が遅れて、入場した時には講演が始まっていて、高麗時代の最初の方の話が聞けなかったのは残念でしたが、ユーモア溢れる氏のお話には引き込まれました。どこか大らかでどこか不完全な所が韓国陶磁の魅力であること、など改めてその魅力を思い起こしました。日本の茶人たちが惹かれたところですね♪
安宅英一氏の生前エピソードなども聞くことが出来て、充実した時間でした。祝賀会で、もっと深いお話が出来ればと思い、伊藤館長を探したのでですが、多忙のために帰られたとのこと。 ざんねん・・・
 今回の内容をレディースサロンにもいつか活かしたいと思いますが、もっと勉強しなくてはね・・・


 祝賀会も盛大に行われました。
e0084071_1214499.jpg

 いろんな方とお目にかかって名刺交換をしたのですが、韓国人の5人のうち4人が「金さん」とうお名前の方。改めて韓国で最も多い名前であることを認識。

 帰りにはお土産も頂きました。
e0084071_122378.jpg








 
 
[PR]
by twister203 | 2009-04-14 00:29 | アジア文化紹介
 京都の北区にある「高麗美術館」より春季企画展のご案内を頂きました。


 春の京都を楽しみにいらしてはいかがでしょうか・・・
e0084071_2041625.jpg


e0084071_20411221.jpg

[PR]
by twister203 | 2009-04-13 19:54 | アジア文化紹介

中国語サロン

 毎月の中国語サロンの日でした。

 最近の傾向は中国滞在歴があり、堪能な方が増えてきていることです。話題も中国関係だけでなく、日常の些細なことや時事問題まで幅広くて、正直ついていくのが大変!!
関連記事
 ↓
中文サロン

澳門のお土産「アーモンドクッキー」や先日上海人の友人に貰った「大白兔」も、皆様に喜んで頂けて、楽しいひと時でした。
e0084071_19544790.jpg

[PR]
by twister203 | 2009-04-12 18:10 | イベント会記
 月例の親睦会でした。テーマはマカオです。

 場所 : 飲茶の香港楼
 
e0084071_244272.jpg


 詳細記事 → 麗しのマカオ ~アジアの中のヨーロッパ~

 この日はあいにくの大雨。まるでマカオ滞在中を思い出させるようでした。

 香港楼特製のコース料理に舌鼓を鳴らせながら、マカオの写真を見たりしながら、お互いの親睦が深まったひと時でした。


 
[PR]
by twister203 | 2009-04-04 23:58 | イベント会記
 最終日は朝10時のフライト。

澳門国際空港
e0084071_23581360.jpg

ホテルでの朝食が取れなかったので、空港内のフードコートにて。中華式にしっかりと!!
e0084071_23583837.jpg


 アジアのグローバル都市! まずは上海や香港を思い浮かべますね。確かに現実的に中国の経済、金融をリードしているのですから!しかし文化面では澳門も立派なグローバル都市だと思います。
 旧宗主国ポルトガルは大航海時代の覇者であり、アフリカや南米に植民地を持ったことにより、世界各地の文化が澳門もたらされました。それらがアジアに与えた影響は多大なものです。 
 今回で澳門は4度目ですが、自分の足で町中を歩いたのでは初めてで、あらためてこの町が他の中華圏、アジアにはない面白い町であることを実感しました。

 ポルトガル式のインテリアで飾られた民政総庁
e0084071_2359732.jpg


 澳門では3つの通貨が使用可能です
  パタカ(澳門現地通貨) 
  香港ドル
  人民元
 レートがほぼ「1:1」なので、3ドル支払う時に「1パタカ+1香港ドル+1人民元」なんてことも出来ますよ♪
e0084071_23593394.jpg


 澳門にとって一番のお客様は大陸からの中国人観光客のようです。
e0084071_23595095.jpg


 グローバル都市と言っても南国なので、どこかのんびりしていてリラックスできる観光地ですね^^

[PR]
by twister203 | 2009-04-03 23:18 | アジアの町

澳門紀行-3

 朝は小雨でしたが、少しずつ晴れてきました♪ まずは中心地のセナド広場へ。 

 民政総庁から昨日とは反対方向へ行き、ペンニャの丘へ
e0084071_23511212.jpg

 坂の上にある聖オーガスティン教会とドン・ペドロ5世劇場
e0084071_2351361.jpg

 聖ローレンス教会
e0084071_23515583.jpg


 この近くにある中学から学生たちが出てきたので、彼らの会話に耳を澄ませてみると、北京語で話していました。学校では普通語を徹底させているのですね。但し、かなり広東語のアクセントが!!

 ペンニャの丘へ行く途中の坂。かなりきついです! この家並み? ドラマ「宮」でヒロインが住んでいた所と似ているような?? 
e0084071_23521410.jpg

丘の上にあるペンニャ教会。重厚な感じですね。
e0084071_23523846.jpg

帰りは反対側に南下。ガードマンがいるようなヨーロッパ式の高級住宅地が並んでいました。
e0084071_2353471.jpg

遠くに中華人民共和国がたなびくのを見ると、「あーここは中国なんだ!」と納得。
e0084071_23532684.jpg

マカオの名前の由来になったと言われている「媽閣廟(マッコウミョウ」 前の広場はいつも沢山の人で賑わっています。
e0084071_23535125.jpg


夜はマカオ発のレストラン「佛笑楼餐庁」へ。マカオならではのポルトガル料理を食べることが出来ます。
e0084071_23541156.jpg

マカオ名物のアフリカンチキン
e0084071_23544095.jpg


 お店の人たちと最初は英語だったのですが、途中からは片言の中国語でお話しすると、とてもフレンドリーに接してくれました。澳門又は珠海出身の彼らにとって、北京風の巻き舌入りの私の発音は新鮮だったようです。

店の周りはアジアらしい食堂街が並んでいます。
e0084071_23551433.jpg

もう一度セナド広場まで行って、最後の夜の名残を。
e0084071_23553627.jpg

カジノ街はいつも通り華やか! 動きたくなくなって、しばしぼーっとしていました^^
e0084071_2356510.jpg

[PR]
by twister203 | 2009-04-02 23:09 | アジアの町
 大ヒットした韓国ドラマ「宮(クン) ―Love in peace―」 の最終回はマカオでのロマンスでしたね♪
主人公の二人の会話 :
 皇太子 シン : この町、変っているね?
 皇太子妃 ヘギョン : マカオはヨーロッパの町並みだけれども、ところどころにアジアらしさがあるの。つまり東西文化が融合した町なのね。

 確かこんな会話だったような? ずばりマカオを表していますね。今回初めて自分の足で町中を歩いてみて、そのことを実感しました。

 朝のマカオはまるで祭りの後の会場のようでした。前の晩のきらびやかなカジノ街を見たからかもしれませんが・・・

 この日は終日大雨! ホテルリズボアもどこか寂しいような・・・
e0084071_22482791.jpg
 

 まずは中心地「セナド広場」へ。最もヨーロッパ情緒が溢れる場所ですね。
e0084071_2255374.jpg


 石畳の道を歩いて「モンテの砦」まで。石畳の坂道がまさしく南欧の町並みを思わせます。
e0084071_22553982.jpg


 中国への返還を記念して創立された「澳門博物館」
e0084071_22575667.jpg


 入り口で記念撮影する大陸からの旅行客♪
e0084071_2311152.jpg


 博物館の裏手にはマカオの顔「天主堂」があります。
e0084071_2342246.jpg


 広場と教会が町中のいたるところにあります。
e0084071_2371130.jpg


 カモンエス公園。 ルイス デ カモンエス : 旧宗主国ポルトガルの有名な詩人です。
e0084071_2382916.jpg


 やしの木、鮮やかな花々など、常夏の地であることを再認識。お天気が良ければ、最高だったのですがね・・・
e0084071_23174270.jpg


 今回でマカオは4回目ですが、今までは自分の足で歩いていなかったことを実感しました。大雨なのに地図を見ながら外を歩くことしか出来なかったのですから。一昨年上海に行った時も大雨に会いましたが、建物の中を効率よく移動する事くらいは出来ました。

 マカオで一番のショッピング街
e0084071_23221895.jpg


 マカオは南国だから!と紫外線対策120%の用意をしていたのですが、この日は必要ありませんでした。
e0084071_2324363.jpg

[PR]
by twister203 | 2009-04-01 20:02 | アジアの町