アジアンテイストを取り入れて私流の生活を楽しみましょう。


by twister203
カレンダー

<   2007年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 3日目の早朝5時半にホテルを出て、8時半のFLIGHTで帰国の途へ。
e0084071_013478.jpg

 せっかく台湾に来ているのにエステもグルメもなしの慌しい日程でした。もっとも今回は「北宋汝窯展」さえ見ることが出来れば満足なのですが・・・


e0084071_14324634.jpg 海外旅行初体験の方に私はいつも台湾をお薦めしています。日本から約2時間で行くことが出来、気候が温暖で治安も良いからです。人々は新日的で観光設備も充実しています。気軽な海外旅行としては最適な国だと思います。



e0084071_14392498.jpg 私は台北しか行ったことがないのですが、豊かな台湾の自然を楽しむには地方に行くことが一番良いとの事です。台北の町中を歩いていても、南国の花をよく見かけました。きっと地方へ行けばもっと多くの花を見ることが出来るのでしょうね。


e0084071_14463850.jpg 「故宮博物院」の最高の中国工芸、中華料理、中国エステ・・・etc 中国文化の素晴らしさを全て楽しむことが出来る場所ではないでしょうか。
 




 台湾で偉大な中国文化に出会い、発祥地「中国大陸」でその奥深さを知る。そんな旅行をしてみるのも面白いのではないでしょうか。

[PR]
by twister203 | 2007-03-31 23:25 | アジア文化紹介

台北紀行ー4 2日目午後

 午後からは当初の予定にはなかったのですが、「永康街」というお洒落なお店が並ぶ界隈に行きました。

e0084071_1324549.jpg
 

e0084071_13372044.jpg 華流のファッションや人気のレストランなども多く、歩いているだけでも十分に楽しむことが出来ました。町の中心には公園があって、疲れたらひとやすみできます。





e0084071_133827.jpg 民族衣装研究家がオーナーのお店です。
e0084071_13441446.jpg









 永康街には1時間半くらいいて、その後はタクシーで5分くらいの場所にある高架下「建国暇日玉市」に行きました。

e0084071_13504372.jpg
 

e0084071_1425699.jpg 週末だけの市場ですが、玉やビーズなど、中華スタイルのアクセサリーの材料が豊富に並んでいます。玉石混交なので気をつけなかればいけませんが・・・ 



e0084071_1431590.jpg やはり上海と比べると高いので、なるべくここの市場でしかないものを買いました。 同じ値段で上海なら3倍くらいは十分に買うことが出来るでしょうね。






 夜、7時頃ホテルに戻って、後は事務処理等の仕事でした。

 
[PR]
by twister203 | 2007-03-30 00:38 | アジア文化紹介
 いよいよ今回の旅行の目的である「国立故宮博物院」へ!

e0084071_22211265.jpg 長い間の改修工事を終えて、昨年からリニューアルオープン。今回の「大観 北宋書画.汝窯.宋版図書特展」はその記念展覧会です。
 入り口で人の多さにびっくり!さらに特別展示場の前には行列が出来ていました。取り合えず「汝窯の展示会場」の行列の後ろに並び、待つこと30分。やっと入場できました。期待に胸膨らませて展示品を順に鑑賞していきましたが、人が多すぎて落ち着いて見ることが出来ず、以前に見たときのように不思議な清らかさに包まれた感触を味わうことが出来なかったのが残念でした。それでも名品を一同に鑑賞することが出来て、わざわざ駆けつけて来た来ただけの価値は十分にありました。


e0084071_23122643.jpg ここで体力を使果たし、あと2つの特別展「書画」と「図書」はパスして、常設展示場を回って博物館を後にしました。それでも3時間以上は滞在していましたよ。





 ここで「故宮博物院」と「汝窯青磁」について簡単にお話しいたします。

e0084071_237143.jpg かつての紫禁城(現北京故宮)の所蔵品は、皇帝の為に作られた究極のコレクションです。その華麗さ、品格は世界でもトップ中のトップの芸術です。その中でも至極のコレクションの大半はここ台北の故宮博物院の所蔵となっています。「台湾故宮博物院を見ずして中国美術を語ることは出来ない」と言われる所以です。
 「汝窯青磁」は北宋末期の約20年ほどの間しか製造されなかった為に、世界でも極めて作品数の少ない青磁です。その半数以上がここ台北故宮博物院に所蔵されています。

 詳しくは又、後日お話しいたしますね。



P.S. 改装工事のためか、建物の中の「国父 孫中山先生」の大きな銅像も、外の「蒋介石統帥」の銅像も見かけなかったです。
[PR]
by twister203 | 2007-03-29 21:37 | アジア文化紹介
e0084071_23483469.jpg 3時過ぎに台北着。道中が思ったより時間がかかり、ホテルに到着したのは6時過ぎでした。







 ホテルは「国光飯店」。「西門」という原宿や六本木のような若者の町の真ん中にあり、少々うるさいのが難点でした。
e0084071_23495252.jpg 












e0084071_23502342.jpg












 チェックインすると、さっそく中国結びの材料の店へ出かけました。


 「波克(ポーク)」は家族経営の小さなお店ですが、工房も併設しており、自社製品と材料を販売しています。私の知る限りではここの紐は他店と比べて一番上質で、しかも安いのです。毎回私が行くお気に入りのお店です。
e0084071_23582213.jpg
e0084071_23585979.jpg








 欲張って20色以上の紐を20-30mずつかったのですが、ご主人は計って、切って、丸めてと大変そうでした。思わず「辛苦了!」と言ってしまいました。 「ここの紐は他のお店や上海と比べても本当にきれいですね」と言うと、ご主人も嬉しそうに笑っておられました。
e0084071_23562681.jpg
 

購入した材料と完成品
e0084071_053035.jpg




 帰りに台湾のファッション雑誌と新聞を買って、ホテルに帰ると10時を過ぎていました。

[PR]
by twister203 | 2007-03-28 00:07 | アジア文化紹介
 本日帰国致しました。

e0084071_1981761.jpg 出発まで慌しくて、家の中は散らかしっぱなし(いつものこと!?)、通常の仕事を携帯しながらで、「慌てて飛び出した!」というのが適切な表現かもしれません。おまけに睡眠不足で少々疲れ気味・・・ 周りからは「何でこんな忙しい時期に行くの?」などと言われながらの出発でした。
 今年の松の内もあけた頃、久しぶりに「国立故宮博物院」のサイトにアクセスすると、「北宋汝窯特別展 12/25-3/25」の文字が目に入ってきました。以前から開催予定があることは聞いていたので行くつもりにはしていましたが、なんとこの一番忙しい時期にあるなんて!!一瞬迷いましたが、今回逃したらあと20年ぐらいは待たなければならないだろうと考えると、何が何でも行くべきだと決心しました。何といってもここの博物館のコレクションは膨大ですから。何とか都合つけて、閉会日間近にかけつけました。
  数多くの磁器の中で最高は「青磁」、しかも「北宋汝窯の青磁」はその中でも至高の芸術と言われています。しかも今回はここの博物館だけでなく、海外の博物館のコレクションも一同に展示されるとのこと。何としてでも見に行く価値があるのです。

 コレクションの詳細は後日として、今日からは台北紀行です。


台北からの記事でお話しした、名物(?)「バイクの群れ」です。町のあらゆる所で見られる光景です。

e0084071_19133252.jpg 
[PR]
by twister203 | 2007-03-25 14:34 | アジア文化紹介

ただ今、台北です!

e0084071_1591198.jpg

実は今日から台北に来ています。今回で三回目ですが、いつもの通り、バイクの群と独特のスープの匂いが、「台北に来た!」ということを実感させます。 日曜日には帰国しますので、台湾紀行は又あらためて。
[PR]
by twister203 | 2007-03-23 01:59 | 東アジアン日記
 先日もご紹介した「猪飼野探訪会」のイベントに参加してきました。
 
 会の代表のKさんとは先日お目にかかったばかりですが、スタッフとしてお手伝いをさせて頂くことになりました。と言っても、デジタルカメラをお預かりして、各ポイントで撮影したりする程度しか出来ませんでしたが ・・・

e0084071_2422231.jpg  「猪飼野」とは現在の生野区コリアンタウン界隈の旧名称ですが、近代においては在日コリアン史の現場であり、古代史上でも朝鮮半島との関わりが深い土地です。一昨年話題になった映画「血と骨」の舞台ともなった場所です。今回はこの界隈(今里→鶴橋)を散策しながら旧跡や著名人にゆかりのある場所を訪ねる企画でした。
 コースの最後は「在日韓国基督教会館」にて当館の先生から「文世光とその時代背景」という内容で講演会がありました。「文世光」は朴大統領夫人を暗殺した猪飼野出身の在日コリアンの青年ですが、彼と同世代であり、交流もあった先生のお話はとても臨場感がありましたよ。

e0084071_24452100.jpg
 
 夕方からは希望者だけ残って鶴橋の「アリラン食堂」で食事会でした。韓国料理を食べながらひと時の交流はとても楽しいものでした。今回のイベントには皆さんそれぞれの思いがあり、事前によく調査をされている方も多く、とても勉強になりました。


e0084071_2484639.jpg 東アジア史の中の「韓国史」をもっと知りたいと思っていたのですが、専門家も本も少なくて中々思うように進んでいませんでした。今回の参加でいくつかの課題が見えてきました。なにか面白い事が分かれば、又、皆様にもご紹介しますね。

[PR]
by twister203 | 2007-03-22 23:39 | イベント会記

春のラインナップ

 ようやく春らしい商品を載せました。
e0084071_4343268.jpg

 桜や蝶などをモチーフにした日本・中国・韓国の伝統手工芸品ばかりです。

e0084071_436389.jpg

 現在製作中です。春らしく心弾むアイテムを作りたいですね。


商品の詳細は→
 アジアン工房ネットショッピング
[PR]
by twister203 | 2007-03-17 00:14 | 新商品の紹介

韓国企業の方々との交流

 昨日は「ポジャギ展」の後で、大阪駅横のホテル・グランヴィアで開催されている「日韓 中小ベンチャー企業商談会」に参加しました。
e0084071_137726.jpg

 「韓国技術ベンチャー財団」という韓国の半官半民の企業が主催で、韓国の中小企業が各社ブースを設けて自社製品の説明を行っていました。来場者も多く、盛況でした。
 

e0084071_23112178.jpg
 
 商談会のあとは交流パーテイーでしたが、先日韓国技術ベンチャー財団の方々とは面識があり、友人、知人も多く来場していたので気軽に過ごす事が出来ました。韓国の方々とも楽しくお話しして、日本在住の方々には「親睦会」のご案内をすると、皆様喜んで「是非参加したい」とのことでした。すぐにビジネスに結びつくのは難しいかもしれませんが、多くの方々との交流を続けていくことで学ぶことも多く、何か素晴らしいものが出来るのではないでしょうか。

e0084071_23294550.jpg

 私は「㈱ポゾリア」という韓国産の火山石を使った商品を開発、販売している会社と商談を行いました。代表自ら丁寧に説明して下さった上に、サンプルも沢山頂きました。こちらの商品に関しては後日、又、ご照会したいと思います。 

 この日は私にとって「Korean day」でした。一時の韓流ブームで終ってしまうのではなく、本当の交流が築かれていって欲しいですね。

[PR]
by twister203 | 2007-03-14 01:35 | 新商品の紹介
e0084071_23394498.jpg 本日は「日韓友情のポジャギ展」の初日でした。何とか時間が出来たので、お昼過ぎに行って来ました。入場した時には人はまばらだったのですが、途中から来場者も増えてきて盛況のようでした。


e0084071_23381759.jpg 主催の「ポジャギ工房 Koe」の李京玉先生とも久しぶりにお目にかかってお話しすることが出来ました。お忙しい日々を送っていらっしゃいますが、充実したご様子でした。韓国ではポジャギを作る女性が少なくなってきているのに対して、日本や中国など周りの国ではちょっとしたブームになっていることなど話していたのですが、「横浜では中国の女性の参加者もいましたよ」と仰っていました。




 キュバン工芸の優しさ、愛らしさを感じる作品が多く、全体の雰囲気もとても明るいのでその場にいるだけで心が華やいできました。春先に相応しい展覧会ですね。今回は写真撮影が禁止だったので、会場の様子をご紹介出来ないのが残念ですが、関西在住の方は是非お出かけになって実物をご覧下さいね。 大阪は3/16までの開催で、その後は福岡で展示されます。


 以前の記事 → 作品に対する思い
 
[PR]
by twister203 | 2007-03-13 23:12 | アジア文化紹介