アジアンテイストを取り入れて私流の生活を楽しみましょう。


by twister203
カレンダー

<   2006年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 暑中お見舞い申し上げます。

 梅雨明けが遅かったので実感が湧きませんが、もう7月も今日で終わりですね。

e0084071_22561336.jpg 今月はblog上で交流のある方々が茶房にいらしてくださったり、上海に行ったりととても充実した月でした。 とても慌しくてて、睡眠不足にも悩まされましたが・・・






 blogを通じて多くの方々と交流が出来、本当に感謝しております。これからもよろしくお願い致します。

[PR]
by twister203 | 2006-07-31 21:24 | 東アジアン日記
 またまた、社交的な中国人の朋友のお誘いでお食事会に参加しました。

e0084071_2165561.jpg 日本橋にある「飲茶の香港楼」というお店でした。中国語勉強中の日本人、在阪の中国人、留学中のカナダ人など、国籍、年齢、性別、職業は様々でしたが、本当に楽しいひと時でした。おしゃべりに夢中になって料理の写真を撮ることを忘れていました。




e0084071_2362856.jpg お店を出たのが10時半過ぎ。調子に乗って2次会にまで参加して家に着いたのは1時近くでした。中には最終電車を逃して、タクシーで帰られた方も。皆さん明日はお仕事のある方ばかり、大丈夫??

[PR]
by twister203 | 2006-07-30 00:49 | 東アジアン日記
e0084071_027916.jpg 「ムクゲ」は韓国の国花です。「無窮花」とも書くそうです。日本では夏の茶花として親しまれていますね。楚々として可憐で、町中で見かけると立ち止まってしまいます。
 本当はもっと色々な種類のムクゲの写真を撮りたかったのですが、連日の雨で状態の良い物が少なくて・・・ 

良い写真が撮れたら、又、ご紹介いたしますね。


e0084071_4103050.jpg 韓国刺繍のムクゲ

[PR]
by twister203 | 2006-07-29 00:21 | アジア文化紹介
 今日は中国人の友人の誘いで中国文化好きの方々との食事会に参加しました。中国語と日本語が混じりながらとても楽しく過ごしました。

e0084071_2358144.jpg 長年、中国や韓国関連の仕事に携わって来られた方が、ご自身の体験から来る見解を話されていて、とても勉強になりました。
 私の考えとは違う点もありましたが、文化を深く知るには長い時間が必要であることを改めて実感しました。自分の知識がまだまだ、頭でっかちに過ぎないことを反省させられました。


e0084071_0183973.jpg 私のメインは美術や手工芸品ですが、それらを生み出した土地や人々についてもっと知らなければならないと思いました。中国や韓国にも何度も行っていますが、メジャーな都市ばかり。もっと時間をかけて違う場所にも行かなければ。











 色々な方との交流は大事ですね。改めて色々なことを気付かせてくれました。

[PR]
by twister203 | 2006-07-28 23:07 | 東アジアン日記
 京都の町は出来るだけ歩いて移動することをお薦めします。

e0084071_2317836.jpg 時間があるときは、私は写真のようなポケットサイズのガイドブックを持って町中を歩きます。1000年の都なので、特に名所でないところでも歴史的に価値のあるものを発見したり、あまり宣伝されていない小さなイベントを偶然見つけたり。
 観光客をもう一度呼び戻す手段として、面白い催しも増えているので、1日があっという間に過ぎてしまいます。期間限定ですが、「着物パスポート」などは京都ならではのサービスですね。






 観光の名所だけを紹介していればよい時代は過ぎてしまいました。今、京都は伝統の素晴らしさを保ちつつ、時代のニーズに合った新しい文化を作ろうとしているようです。最新の京都を紹介して欲しいとの、ご意見があったのですが、最近は用事だけ済ませてさっさと帰って来ている状態なので、もう少しお時間を頂きたいと思います。秋になって歩きやすくなったら、ゆっくりと訪れたいと思います。

[PR]
by twister203 | 2006-07-27 23:11 | アジア文化紹介
 上海のことを「中国らしくなくて、最も中国らしい」と言いましたが、京都も他の地域と比べて特異な雰囲気を持ちながら、最も日本的です。あまり京都を特殊扱いすると偏見視しているように思われるかもしれませんが、私は批判しているわけではありません。

e0084071_0192820.jpg グローバル化のなかで、「自己主張」や「論理的思考」が重要視される今日だからこそ、控えめであいまいな傾向が強い世界に触れて考えさせることがあります。
 以前に舞妓さんのいる宴席に参加する機会があり、まだ二十歳にならない彼女たちの落ち着いた雰囲気に驚きました。決して威張っているわけではありません。静かに控えているだけですが、その場の雰囲気を読んで適度に会話を盛り上げます。私が「皆さん芸のお稽古だけでなくて、どんな会話でも対応出来るように勉強されているのですね?」と言うと、「いえいえお座敷でのほんの耳学問どす」と微笑みながら言われてました。柔らかでありながら、毅然として。二十歳前の子がそんなオーラを出しているのです。 これは厳しい躾やお稽古以上の何か、長い間培ってきた文化の力ではないでしょうか?
 伝統が出来るのには時間がかかりますし、お金では買えないものと思います。京都にはそういった価値の高いものが沢山あります。時代の変化に伴い、変化せざるを得ないとはいえ、一朝一夕には作る事の出来ない素晴らしい精神文化が継続されることは祈っています。

 

春の都お踊りの時に頂いた小皿
e0084071_0504535.jpg
e0084071_0512512.jpg
  
[PR]
by twister203 | 2006-07-26 00:00 | アジア文化紹介
 私が上海に行っている間に京都では祇園祭のメイン「山鉾巡行」が行われていたようですね。

e0084071_23144310.jpg 最近は京都に行っても用事だけ済ませてさっさと帰ってくることが多いので、ゆっくりと楽しむことがないのですが、町中を少し歩いただけでも「この町も変わろうとしているなー」と感じることがあります。
 「千年の都」、「日本文化の中心地」としてのプライドは立派なのですが、そのことが人を寄せ付けなくなってしまい、せっかくの素晴らしい伝統産業を衰退に導いてしまったのかもしれません。京都の人たちもそのことに気付いて、自分たちの文化を守るために色々と工夫をしているのではないでしょうか。  


 今日からこの町について思うことをお話しします。

京都について書いた以前の記事

[PR]
by twister203 | 2006-07-25 21:30 | アジア文化紹介
 夏の着物地「絽」のスリーピースです。

e0084071_22374372.jpg 洗える素材なので汗を気にせずに着ることが出来ますし、見た目も涼しげです。
 近い町なので、Tシャツ、ジーンズなどいかにも「海外旅行です!」というスタイルより、いつもと同じように自分流のおしゃれを楽しみたいですね。私は黒い日傘とスカイブルーのミュールを合わせていました。
 










e0084071_22484431.jpg 秋草の柄がより涼しげに見せます。アジアンノットのネックレスに玉の指輪をトップとして付けて見ました。










 縫製 : 株式会社ワンクロース

[PR]
by twister203 | 2006-07-24 22:33 | アジアン工房流コーデイネート
 今日は茶房で作業をしていました。久しぶりに落ち着いて色々と出来ました。

e0084071_355977.jpg 夕方、blog友達の「tubomimさん」が遊びに来てくださいました。直接お会いするのは初めててですが、今までに何度も交信しているのでお話が弾みました。お仕事で来阪されたそうですが、大阪から30分、しかもすごい雨の中、駆けつけて下さって、本当にありがとうございました。
 お互いに今までの体験談を通しての、日中交流についてなどのお話が尽きずに、1時間半くらいがあっという間に過ぎました。







 blogを通じての交友の輪が広がって、blogの素晴らしさを実感しました。

[PR]
by twister203 | 2006-07-23 03:03 | アジア文化紹介
 よく「上海博物館は行ったことあるけれど、何だかよく分からなかった」という声を聞きます。

e0084071_22403287.jpg 中国美術を幅広く鑑賞出来る素晴らしい博物館なのに。自分の興味のあるものだけ見れば十分と思いますが、ご参考までにご紹介いたします。








e0084071_2342653.jpg 「唐三彩」は表情豊かな物が多いので、見ているだけで楽しくなります。難しく考えずに「面白い!」「可愛い!」という感じで見れば良いと思います。









e0084071_238133.jpg この白磁は「定窯」という11世紀のものです。印版を使ったものですが、これだけしっかりと模様が彫られているのは素地が強くしっかりとしているからだそうです。









e0084071_23265666.jpg ここの博物館は他では見ることが出来ない大きな作品が多いと思います。大人が入ってしまいそうな壷もありますよ。それらを見るだけでも十分に楽しめます。







e0084071_23402185.jpg 昔の家具も一見の価値ありです。









e0084071_23444530.jpg 少数民族の衣装コーナーも華やかなものが多いので、ファッションショーを見る感覚で。






 「玉」や「書道」のコーナーもあります。私は「書道」がよく分からないので、いつも通り過ごしてしまいます。

[PR]
by twister203 | 2006-07-22 14:22 | アジアの町